i-Smartで行こう!@一条工務店

一条工務店の社内検査の立ち会いを終えての所感

      2013/04/01

POPOLOGです。気候も暖かくなり雪の心配もなくなったので普通タイヤに交換しました。肩の筋肉痛がひどいです。

先日、社内検査の立ち会いしました。結果報告というわけではないのですが簡単に立ち会い内容や感想を綴りたいと思います。

スポンサーリンク

事前チェック

社内検査に先駆けて事前に家族チェックを行いました。

チェック作業は以前紹介しました竣工検査チェックリストを使いました。妻と二人に分けて合計4時間かかりました。

軽微な不具合や傷、落ちづらい汚れが約40件ありました。

クロスに関する不具合が圧倒的に多く3割を占めています。件数は多いのですが、大きな問題はなくコーキングで簡単に直るような傷、幅木との隙間がほとんどです。

またエコプロコートに向けて心配していたフローリングですが、一カ所傷があったものの部屋の隅だったことも幸いして心配する必要はなさそうでした。

社内検査

社内検査のことを完了検査と勘違いしていました。直接確認したわけではないのですが、監督さんが一人で事前に検査することを指すようでした。

立ち会いとの話でしたが、こちらが事前にチェックした内容を現地でお互いの認識を合わせるために、監督さんと現物を見ながら確認といった内容でした。(我々が帰った後に監督さん自身の検査が行われたようです。)

どんな指摘も真摯に受け止め前向きに検討してくれました。

基礎が池になっちゃった事件で不満を漏らした時期もありましたが今では関係は良好です。

監督さんとはじっくり話す機会が少なかったので、社内検査のイベントに立ち会えたことは有意義でした。

吹き抜けは注意深く

事前にお掃除屋さんが入ってはいたのですが、クロスの汚れは残ったままになっていました。気付いた時点で監督さんにお願いしておけば引き渡しまでには拭き取ってくれるそうです。

しかし、一つも見落とさないなんてことは困難です。クロスの汚れは濡れた雑巾で軽く拭けば簡単に落ちるので、引き渡し後に見つかっても問題ありません。しかし、簡単には拭き取れない場所があります。

それは「吹き抜け」です。

色々な角度から眺めて「吹き抜けのクロス」だけは見落とさないように気をつけました。

実際、吹き抜けのクロスに何かを擦ったような黒い大きな汚れがありました。引き渡しまでには拭き取ってくれることになりました。クロス屋さんが大きなはしご持っているみたいで、それを借りて拭き取るそうです。

ふと思ったのですが、クロスの汚れであれば、はしごで十分だと思いますが破れがあった場合は貼り替えになると思いますので、やはり土台を組み直して修繕するのでしょうか??

大きな問題がありまして・・・

ここまで何の問題もなかったように話してきましたが、

実は大きな問題がありました!

昨晩も電話で監督さんと営業さんと話し合いました。納得のできる修繕方法が決まっていない状態です。明日は営業さんと設計士さんが現地入りするそうです。

引き渡し直前なのに高揚感ではなく
やるせない気持ちでいっぱいです。

無事に引き渡しを迎えたいと願うばかりです。

現在進行形の問題のため詳細は控えておりますが、近いうち記事にしたいと思っています。

おわりに

ここ最近、色々なことで「てんやわんや」しておりブログの更新が滞りがちになっております・・・毎日更新されているブロガー様には敬服いたします。

ではでは。