i-Smartで行こう!@一条工務店

やっとご対面!「ガラス入り引き戸」写真レビュー

      2016/10/17

POPOLOGです。引き渡しも間近に迫り、せっせと竣工検査チェックリストを作っている毎日です。

週末恒例の現場確認で、ついに「ガラス入り引き戸」とご対面を果たしました。この建具の採用は我が家のギャンブルでした。実物はもちろんのこと、写真も見たことがなかったのです。

スポンサーリンク

正面から見た感じ

通常の引き戸と同様にシルバーのラインが入ってます。良い感じにアクセントになってなすね。
kasumi-1

ちなみに壁について斑点は落書きじゃないっす。はたまた水をぶっかけられた訳でもないっす。理由は「妻からのメールに茫然自失!石膏ボードに何があったの?」をご覧ください。

ガラスじゃなくてアクリル?

かすみの部分を触ってみたのですが押すと簡単に凹みますアクリル?なのでしょうか。ガラスと言えばガラスの類いですが・・・。普通のガラスを想定してたので正直チープさを感じました。

写真では質感が伝わりづらいと思いますがアップの写真です。
kasumi-2

ちょっと物がぶつかると簡単にヒビが入ったり割れたりしそうな薄さです。

かすみ具合はどれくらい?

採用するか悩んでいる方が一番知りたいポイントがかすみ具合だと思います。

かすみガラスに手をぴったりくっつけてみると

さすがに何が映っているのかは分かりますが多少かすんで見えます。
kasumi-3

かすみガラスから手を10cmくらい離してみると

何が映っているのか判別できないです。かすみとしての効果は十分です。
kasumi-4

実際どんなところで使ってるの?

設計担当さんの話によると玄関とリビングの間の戸に採用することが多いらしいです。なんと我が家は果敢にも脱衣所に採用しました。お風呂に入っている人がいるかどうかの確認を照明の光できるようにするためです。

おわりに

ガラス入り引き戸」は一つまでは標準サービスです。採用するかどうか悩んでいる方の検討材料になれば幸いです。

ではでは。