i-Smartで行こう!@一条工務店

【Web内覧会 #3】見た目 vs 使い勝手!シューズウォール設置高さの行方

      2016/11/19

前回の玄関ホールのWeb内覧会もご好評いただきました。中でもシューズウォールの高さに対する反響が大きかったので、第3回目となるWeb内覧会は、少しマニアックですがシューズウォールにスポットライトを当ててみました。

スポンサーリンク

気付いていた方はいたでしょうか。

前回の内覧会で紹介したシューズウォールの画像に「何か違う」と違和感を感じていた方は鋭いです。くだんの画像はこちら。

web_pv_sw-1

遠目に全体を見ると気が付くと思います。実は標準の設置位置より15センチ下げて設置してあるんですよ。

現場で棟梁さんに相談して施工

今から約4ヶ月前に我が家に住設がやってきました。その日は幸いにも土曜日で家族で現場見学に行ってました。住設の導入も終わり棟梁に挨拶をして帰ろうとしたとき、POPOLOG妻が妙にソワソワしているのに気付きました。

シューズウォールが高すぎる気が・・・

POPOLOG妻が意を決して棟梁に相談すると、

私も使いづらいんじゃないかと・・・

それに呼応するように住設を運搬・設置補助していた業者さんも

私も以前から高すぎると思ってたんですよねー

そんな感じで会話が進み、翌日までに棟梁が設置位置を下げてくれることになりました。「万が一気に入らなければ元に戻しますよ」と優しい言葉も。

標準の設置と15センチ下げた設置の比較はこちら。撮影位置が違うため分かりづらいかもしれません。

web_pv_sw-2

翌日現場に足を運んで見た瞬間にPOPOLOG妻は絶賛でした。当時の私は少し下がりすぎかなーと正直違和感がありましたが、実際に住み始めると慣れたせいか気になりません。むしろ使いやすくなったので良かったです。

solaさんの記事でも少し触れられてましたが、監督さんからシューズウォールの上部を空間にしたり、シューズウォールを下げて設置したりすることは原則できないと言われました。今はどうなのかは分かりませんが、図面は駄目でも現場指示は可能だと思われます。

こぼれ話

後日、POPOLOG妻が棟梁に会うや否や「下げすぎましたよね?」聞かれたそうです。棟梁的にも見栄えが良くなかったのでしょうか。。。けど「OKです」と伝えると「施主さんが使いやすいのが一番良い」とフォローを頂きました。どっちやねん!?

と悪態をついてしまいましたが、棟梁にはいつも無理なお願いばかりで、嫌な顔せず対応いただいてもらって感謝しきれません。

身長154センチでも最上段は使用可能

POPOLOG妻の身長は縮んでない限り154センチです。腕の長さも標準的かと思われます。太さは分かりませんが・・・

最上段の靴には少し背伸びすると手が届きます。
web_pv_sw-3-1

下げたシューズウォールの下にも掃除機がしっかり入ります

シューズウォールを下げるときに気になったのが「シューズウォールの下のフローリング部分を掃除しづらくないのか?」です。

最悪は手で雑巾がけしたらいいやと思ってましたが、最近の掃除機は凄いですね。楽勝で掃除できました。

web_pv_sw-4

ちょっと脱線しちゃいますが、溜まったゴミはワンプッシュで捨てられ、フィルターにティッシュを載せておけばお手入れが楽という優れものです。興味のある方は、お近くの電機屋さんの店頭で実演してもらってください。

クロまめさん邸でもお使いのようです。

ちなみに間接照明はこんな感じです

シューズウォールと言えば標準で付いてくる間接照明ですよね。設置位置を低くしたので心配していましたが特に問題なさそうですね。

web_pv_sw-5

最初はシューズウォール下の間接照明なんか使うかな?と疑問でしたが、玄関エリアにトイレがあるため、夜は足元灯のように使ってます。意外に重宝してます。

おわりに

「見た目 vs 使い勝手」どちらも勝ちだと思います。好みもそれぞれ、考え方もぞれぞれ、人それぞれ、施主好みになっていることこそが大事だと思います。

次回は見落としがちな要素が多い階段下収納のWeb内覧会になります。題して「一条工務店の階段下収納は石膏ボード仕上げが標準」です。

ではでは。

一条工務店のi-Smart「Web内覧会まとめ」」へ戻る