i-Smartで行こう!@一条工務店

わが家の土地探し、頼みの綱はハウスメーカーの営業だった

      2016/06/28

POPOLOG家が初めて入った展示場はミ○ワホ○ムでした。何となく落ち着いたデザインに惹かれて入りました。

店長さんが対応してくれました。物腰も柔らかで好印象でした。一通り紹介してもらったあとの雑談で土地の話になりました。早い話が土地をもっているか否かの確認です。

当時は、家を建てる=ハウスメーカー選びといった単純な思考で展示場に訪問していただけなので「土地?はて?全然決まってません!」でした。

スポンサーリンク

土地の有無は今後を左右する?

その後、話の流れで希望の地域でもない建売住宅を進められる始末、ミ○ワホ○ムは、営業との相性が悪すぎると判断して、この時点で候補から外しました。

次に向かったパ○ホームでは「土地探しますよ!」といわれましたが、万が一希望の土地が見つかってしまうと自然の流れで決めてしまいそうと思ったのでお断りしました。--数日後、当然のように営業電話があったことは言うまでもありません・・・

この話の流れを読んで、展示場に不安を感じる方はこちらの記事をどうぞ。

はじめての住宅展示場、アンケートの内容など
はじめての住宅展示場、アンケートの内容など
はじめて住宅展示場は緊張するものです。 家は人生で最大の買い物です。「よし、買おう!」と簡単に決心できるものではありません。 一度訪問してしまうと勧誘がしつこいのでは? いろ
ハウスメーカーに土地探しを任せると見つかったときは、ガッツリ主導権を握られそうです。我が家はじっくりとハウスメーカーを選びたかったので「お断り」方針でした。

この方法だと、土地の巡り合わせのチャンスを逃しているのは確かです。

土地は探しは自分の足も大事!

住宅展示場で土地の重要性を知り、程なくしてPOPOLOG家の土地探しが始まりました。

まずは手軽なインターネットでスタートです!いっぱい出てくるだろうなーと胸をときめかせて探したのですが僅少!!無い中からめぼしい物件をピックアップして週末に現地調査に出かけました。

しかし、どれもこれも「売れ残っているんだろうなー」とった感じの土地ばかり・・・

足使わねえで学問ばかりしたって
犯人は出てこねえんだよ

tochi_sagasi-1

BY 和久平八郎@踊る大捜査線

「ネットばかりしても土地はでてこねーな!」ということで、「売り土地の看板」を求めて建設希望地周辺を何度も何度も車で走りました。これがまた探せば意外にあるもんですね。

「ここが良いかも!」と思った土地を胸の内に潜ませて、いざ不動産へ。

探している地域や予算などを伝えると、条件に合いそうな土地をピックアップしてくれました。ネットに見つからなかった土地が何件も出てきました。また自力では見つけられなかった土地もちらほら。さすがです。

とりさんの記事にあった「レインズ」なるシステムで探したのでしょうかね?初めて知りました。

しかし提示された土地のなかには、自力で探して良いと思った土地がありません。条件には一致しているはずなんですが・・・。尋ねてみると「ありますよー」と何事もなかったように出してくれたのでした。

不動産にも売りたい土地が存在するのは確かです。インターネットの情報なんかは顕著です。土地は選ばされるのではなく自分で選びたいですね。

不動産曰く「希望の土地が見つかるまで半年かかることもある」そうです。土地探しには運やタイミングも大事な要素なのかも知れませんね。

餅は餅屋、土地は不動産?

土地探しと平行してハウスメーカー選定も行っていました。一条工務店は、当初全く候補にも入ってなかったのですが、「i-Smartと営業担当さん」との運命的な出会いにより、あっさりと決めてしまいました。

一条工務店に決めたので土地情報の提供をお願いしました。数日後、手元に土地情報が届いたのですが、どれも知っている土地で掘り出し物はありませんでした。ちょっとがっかり。

当時は希望する地域の土地は一条工務店より把握していたと自負してます。ピース。

分譲地を持っているハウスメーカーなら市場に流通していない掘り出し物に期待できそうです。しかし、そうでない場合は、消費税増税に向けて多忙な時期に果たしてどこまで本腰をいれて土地を探してくれるのか疑問です。

悪い営業に当たってしまうと適当な土地をあてがわれるかもしれません。やはり餅は餅屋、土地探しは不動産にお願いするのが一番ではないでしょうか。

ハウスメーカーの営業さんに頼る

素人には土地は怖いと言いますが、POPOLOG家は身をもって体験しました。

建築条件付き土地って知ってますか?
建築条件付き土地って知ってますか?
「地主が指定する建築会社で建てなければ土地は売りたくない」 土地の契約直前になって不動産会社から伝えられた言葉でした。予算と見積もりの折り合いもつき、夢のマイホームに受けて本格的

こんなとき、ハウスメーカーの営業さんが頼りになりました。結果的には購入を見送りましたが不動産とも直接交渉してくれました。

不動産と営業さんとの間でどんな話があったのかは知るよしもありませんが、しばらくして不動産から以前紹介されなかった、売り土地の看板も立っていない良物件を紹介してもらえました。大人の世界は怖いです。。。

不動産と交わす契約関係の書類は、全てハウスメーカーでチェックしてもらい安心して契約を進めることができました。

世の中には悪い不動産も少なからずいます。**土地の素人が不動産と対峙するのは荷が重い**部分もあります。そんなときこそ、ハウスメーカーの営業さんに上手に頼ってみてはいかがでしょうか。

おわりに

ちなみに自分自身が体験したことを元に好き勝手語っていますが、これが正しいわけではありません。土地探しは複雑なもので十人十色です。良い土地に巡り会えるとよいですね。

ではでは。