i-Smartで行こう!@一条工務店

あなたはどっち派ですか?勝手口の必要性を賛否両面から考えてみる

      2016/10/22

ども、POPOLOGです。

ウッドデッキのメンテナンスしたのですが、私の腰のメンテナンスも必要なようです。

本日のテーマは勝手口です。勝手口の必要性については意見が分かれます。皆さんも悩むポイントなのではないでしょうか。そこで賛否両面から考えてみようと思います。あなたはどっち派ですか?

スポンサーリンク

賛成側から考えてみる

  • 生ゴミは屋外で管理したい
  • ゴミ出しの際、生ゴミを持ってリビングを通りたくない
  • ごみ箱スペース分、屋内に余裕がでる
  • 家電収納下段のダストボックスだけでは足りない(生ゴミ、缶、瓶、ペットボトル)
  • 万が一のときの非常口になる
  • カーポートの近くなら買い物してきた食材をすぐに運べる
  • 室内は床暖房で暖かいので大量の野菜は外に保管したい

反対側から考えてみる

  • 進入経路は極力減らしたい(防犯面が心配)
  • 玄関とキッチンが近いので必要がない
  • 非常口としてなら掃き出し窓で十分
  • 大きな窓になるので気密性や断熱性が低下する
  • 雪が積もるとドアが開かなくなる
  • 今までアパート暮らしで勝手口がなくても不便しなかった
  • 勝手口のスペースがもったいない

賛否両面から考えた5つのポイント

Katteguchi kentou 1

勝手口の設置を検討するにあたって5つのポイントが見えてきました。

1.ゴミ置き場をどうするか

日常生活で発生する生ゴミ、缶、瓶、ペットボトルといったゴミをどこでに置いておくのか、がポイントになると思います。

オプションとなっている家電収納の下段エリアにはダストボックスが2つ付いていますが、これだけでは恐らく足りないと思われます。そうなると別途ゴミエリアが必要です。

Katteguchi kentou 2

また生ゴミをどこに捨てるのかもポイントになります。これには、さまざまな考え方があって、屋外派、内外両用派、屋内派、はたまた冷凍派という人もブログで見かけたことがあります。

我が家は内外両用派です。最初はキッチンのごみ箱、いっぱいになったら屋外のごみ箱に捨ててます。

2.非常口はどうするか

万が一災害が発生した場合、外に脱出できる経路を複数確保したいと考えます。一つは玄関になります。もう一つをどうするか?

勝手口、はき出し窓などが候補になるはずです。

はき出し窓があるなら非常口を目的として勝手口を設置するかは悩んでしまいますね。

我が家は非常口、はき出し窓の両方があります。

3.防犯面をどう考えるか

先程の非常口とは正反対になりますが、防犯面を考えると進入経路は少ない方が良いですよね。

我が家は防犯面が気になり最後まで悩みました。

4.勝手口をどこにつけるか

勝手口がキッチンカウンターに対して後ろ壁なのか横壁なのかは大事なポイントです。

Katteguchi kentou 3

キッチンの収納棚は大抵の場合は、後ろ壁に設置されることが多いと思います。勝手口の位置が横壁なら最小スペースで設置できるのですが、後ろ壁となると収納スペースを一つ減らす必要がでてきます。

我が家は横壁に設置してあります。

横壁にも注意点があります。IHが隣にあると勝手口に取り付けたハニカムシェードに油が飛びます・・・

5.キッチンと玄関の動線は近いか

玄関ホールに扉が2つ。一方はリビングへ、もう一方はキッチンへ。そのような間取りなら玄関を勝手口かわりにも使えます。

この間取りを採用する場合は玄関を広くする必要があります。狭いと2つ分の扉スペースは取れません。

うちの玄関が狭く残念ながら採用できませんでした。狭い玄関を少しでも広く見せようと工夫はしてますが…

結局、勝手口は設置したのか?

もうお気づき方と思いますが、我が家は勝手口を設置しました! 防犯面が心配でしたが、ゴミ置き場やゴミ捨てのことを考えると勝手口があったほうが便利だろうと設置を決めました。

実際に生活してみて勝手口を設置して良かったと思っています。

思わぬところで嬉しい副産物がありました。それは勝手口から差し込む光でキッチンが明るくなったことです。気持ちの良い朝日を浴び、元気いっぱいで一日を始められます。

けど、夏の日差しは暑いです。樹脂サッシにも種類がありますので、勝手口の窓は一考の余地があります。

勝手口のWeb内覧会も開催しておりますので、ぜひご覧ください。

おわりに

賛否両面から考えたつもりですが、実際に勝手口を設置したので、勝手口を設置する派側に偏った記事になっていたら申し訳ないです。

勝手口を設置していない派のブロガーさんの視点からの記事が投稿されると間取り検討中の方には参考になりそうですね。

トラコミュ:家事がラクできる家づくりの工夫♪

さてさて、あなたはどっち派ですか?

ではでは。