i-Smartで行こう!@一条工務店

地震保険の内容や補償は、加入する保険会社によって違う?

      2016/07/04

どの地域に住んでいても地震が心配な世の中になってきました。地震保険の付帯率も年々上昇傾向で、2014年度の調査では59.3%になり、5人に3人は加入しています。

注目度が高くなってきている地震保険ですが、保険会社によって補償内容や特典が違うのでしょうか?

スポンサーリンク

加入先の保険会社によって補償内容は変わらない

地震保険は関東大震災、新潟地震の経験から社会的要望が高まり1966年に誕生しました。保険会社だけでなく政府も保険金の支払い義務を負う制度になっています。

いわば、地震保険の後ろ盾は政府です。そのため政府と損保会社が共同で運営していることから、地震保険は、加入先の保険会社によって補償内容が変わることはありませんし、保険料も同じなのです。

また契約者が支払った地震保険料は、保険会社の必要経費を除いて全額が将来の保険金支払いのための積立金となりるため、保険会社の利益になることはありません。

保険会社によって被害の判定が変わることはないのか?

gimon

地震保険は、どの保険会社で加入しても補償内容が同じなのは分かったけど、被害の判定のときに差が出るんじゃないの?という心配があります。

出来れば被害の判定が甘いところが良いですし…

被害の判定基準は、地震保険を作るときに当然、議論になってたそうです。そこで、被害の調査や判定の基準はマニュアル化されました。

しかし、人が判定するので交渉次第では結果が変わることもあるようです。

そうはいっても判定する人によって差が出るのは問題です。そこで判定に疑問がある場合は、保険会社に再鑑定を依頼する制度もあります。出来る限り平等に判定する仕組みはあるようです。

おわりに

ここまでの話を簡単にまとめますと、

  • 保険会社によって補償内容や保険金額に差は無い
  • 被害の判定基準はマニュアル化されており平等を保つ仕組みがある

地震保険に加入するときに、保険会社によって選べるオプションがあるわけではありませんので、地震保険はどこの保険会社で加入しても同じと考えて良いです。

「地震保険はどこの保険会社での加入が得なのか」は、検討する必要はありませんが、火災保険については各保険会社によって、分野の得手・不得手が違うため、オプションの選び方によって保険金額の差が大きいです。

そのため、火災保険は一社だけではなく複数の保険会社で検討する必要があります。その結果、火災保険にかかる費用を抑えられます。

ではでは。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

火災保険を抑えたい方へ!約定付保割合の調整で保険料の安くする方法

いきなりですが、約定付保割合を下げることで保険料を抑えることができます。 約定付保割合を設定することで、擬似的に建物評価額(保険金額)を下げられます。建物評価額 …

地震保険の加入率はどのくらい?

内閣府の防災情報によると、世界で発生するマグニチュード6以上の地震は、20.8%が日本で発生しているそうです。地震大国と呼ばれても仕方がないですね。災害被害額も …

地震保険は見舞金!?過度な期待は禁物?

ども、POPOLOGです。 前回の記事では、地震保険は「どの保険会社で加入して同じだ」ということをお話しました。 今回は万が一の被害にあったときのお話です。 意 …

類焼損害補償を付帯しますか?決断する上で考慮すべき8つのポイント

類焼損害補償特約は、火災保険を検討する上で一番悩みました。付帯するかしないか、決断する上で考慮した8つのポイントを紹介します。 リスクに対する考え方や建設地の環 …