i-Smartで行こう!@一条工務店

一条工務店のハニカムシェードにカーテンは必要か?

   

一条工務店の家には、高性能なハニカムシェードがあります。i-Smart、i-Cubeなら標準設置、その他のタイプはオプションで設置できます。

ハニカムシェードには、標準タイプ、レースタイプ、遮光タイプなどの種類があって、選択肢も広くてうれしい限りです。しかし製品のレベルが高いことが仇(あだ)となって、「ハニカムシェードがあればカーテンは不要かも?」と悩んでしまいます。

結論からいうと、ハニカムシェードがあってもカーテンは必要です。今回の記事では、カーテンが必要だと感じた理由は紹介します。

スポンサーリンク

結露対策としてのカーテン

一条工務店の家と切り離せないのが結露の問題です。改良版ペアガラス、トリプルガラスと進化していますが、それでも結露は発生しています。

そこで結露の発生を少しでも抑えるために「冬はハニカムシェードを閉め切らない」という方法が、一条工務店の施主の中ではトレンドとなっています。

一条工務店のハニカムシェードにカーテンは必要か?
一条工務店のハニカムシェードにカーテンは必要か?
一条工務店の家には、高性能なハニカムシェードがあります。i-Smart、i-Cubeなら標準設置、その他のタイプはオプションで設置できます。 ハニカムシェードには、標準タイプ、レ

一条工務店も、結露が多い場合はハニカムシェードを閉め切らないことを推奨しています。

Honeycomb tokki

カーテンがない状態でハニカムシェードを閉め切らない=閉め切っていない部分(40cmくらい)が、外から丸見えになってしまいます。やはり結露対策のためにはカーテンが必要です。

なぜ「ハニカムシェードを下ろす」と結露するのか?
なぜ「ハニカムシェードを下ろす」と結露するのか?
一条工務店のi-Smartなら結露に悩まされることはないと夢を抱いていた方は少なくないはずです。 実際に生活してみると、全館床暖房の稼働する冬は結露との戦いになります。一般家庭に

季節を感じるためのカーテン

高気密高断熱の家は、夏になると室内に熱気がこもります。ムーンとした状態を一瞬で吹き飛ばすには、エアコンの風よりも窓を開けるのが一番です。

「ふわぁー」と涼しい風が家の中を通り抜けて熱気を飛ばしてくれます。夏の早朝もそうです。朝起きて窓を開けると風が冷たくて気持ちがいいです。

一条工務店の家には網戸は必要か?
一条工務店の家には網戸は必要か?
一条工務店では網戸はオプション扱いです。網戸を採用するか、悩まれる方が多いようです。我が家は網戸を採用しました。2年間暮らしてみて、やっぱり「網戸は必要」だと思いました。

でも、窓を開けるにはハニカムシェードを開ける必要があります。そうすると、家の中が丸見えです。そんなときに活躍するのが、レースのカーテンです。

ハニカムシェードのレースタイプはありますが、突風が吹いたとき破壊の恐れがあります。わが家は標準タイプですが、ハニカムシェードを上まで開け忘れたとき、レールから外れる事件がありました。

万が一の強風にも強い普通のレースは、昼間の目隠しには最適です。

見た目のためのカーテン

夜に外から見た、わが家をの写真です。

Akari hikaku

2階の窓は吹き抜け部分でハニカムシェードを閉めた状態です。1階はハニカムシェードとカーテンを閉めた状態です。違いは歴然です。

ハニカムシェードだけだと、外観が明るすぎて騒がしい印象を受けます。田舎なので、なおさらかもしれませんが…

次は視点を室内に変えます。これまでの人生でカーテンのない生活をしたことがありません。そのせいか、カーテンを閉めてないと夜の雰囲気がでません。また冬になると、カーテンがないと精神的に寒いと感じてしまうのは、私だけでしょうか?

気になるプライバシーは?

ハニカムシェードだけですと、「夜、外からの視線は大丈夫か?」と気になります。

以前、ヨシローさんが標準タイプのハニカムシェードの実験をされました。結果は、予想に反してプライバシーは守られてました。

けど、冬に結露対策すると、もちろん足元は丸見えですが…

おわりに

最初にお話したとおり、「カーテンは必要」だと思っています。

しかし、慌てて購入することはないです。わが家の子ども部屋は、まだ使っていないので、3年たちましたが、いまだにカーテンを設置していません。

家のすべてのカーテンを一気に買うとなると、数十万円単位の大きな出費になります。ハニカムシェードがあればプライバシーは守れます(足元は微妙ですが)。

予算が厳しいときは、慌てないで優先順位を付けてから購入しても遅くはないです。

そうはいっても最初にすべて揃えたい方にはイオン銀行はどうでしょうか?生活応援のために住宅ローンとは別に融資してくれるサービスが準備されています。金利は言うまでもなく業界最低水準の金利ですので利用しやすい住宅ローンです。

ではでは。