i-Smartで行こう!@一条工務店

ネット銀行なのに365日の窓口サポート、イオン銀行の住宅ローンは狙い目

      2017/04/09

住宅ローンを検討する上で、真っ先に確認するのは金利です。低金利であるほど毎月に返済額が抑えられます。金利の違いで総返済額が100万円以上の差になるケースもあります。

低金利と言えばネット銀行ですが、窓口がないのが不安で敬遠しがちです。でも、この記事で取り上げるイオン銀行は、ネット銀行でありながら365日年中無休で窓口サポートが受けられます。

スポンサーリンク

全国110以上の店舗で365日年中無休で窓口サポート

「ネット銀行の住宅ローンは金利が安いけど心配…」

ネット銀行の住宅ローンは、工務店やハウスメーカーの営業さんが間にはいれないため、すべて自分で手続きします。対面窓口がないため、提出する書類を確認してくれる人もいません。

そういった心配や不安を吹き飛ばしてくれるのが、イオン銀行の住宅ローンです。

店舗だけでなく、コールセンターも土日、祝日を含めて365日年中無休で、住宅ローンの検討や手続きをサポートしてくれます。夕方からの相談も可能です。

また申込書類の提出は、郵送だけでなく窓口での提出も可能です。窓口なら担当の方に確認してもらえるため、書類の差し戻しの可能性をグッと減らせて、住宅ローンの審査もスピーディーに進みます。

金利はもちろん業界トップクラス

窓口があるなら普通の銀行と変わらないのでは?と思いますが、業界トップクラスの低金利です。窓口を置きつつネット銀行の金利を併せ持っています。

2017年3月の変動金利は「0.57%」です。

ここ数年、イオン銀行における変動金利の低金利ぶりは折り紙付きです。また細菌では当初10年固定金利も業界トップクラスになっています。

あえてデメリットを挙げるなら…

あえてデメリットを探してみると、8疾病保障を付けるには、0.3%の上乗せ金利となることです。20代から30代前半であれば、健康に気を付けて生活していれば、特に気にするデメリットではありません。

40歳前後で健康に心配な方は、8大疾病保障が無料で付帯する住信SBIネット銀行も候補に入れてみてはどうでしょうか。

初期費用の予算が心配な方へのサービスも充実

住宅購入には建築費用の他に、

  • 諸費用(登記費用、印紙代、水道加入金など)
  • 火災保険料
  • 引っ越し費用
  • 新居で使う家具や電化製品、カーテンの購入費用
  • 外構費用

などなど、もろもろの費用を合計すると大きな金額になります。そのため外構は諦めた、カーテンは賃貸時代のものを使い回しなんて話をよく耳にします。わが家も賃貸時代のカーテンを一部使い回してます(^_^;)

そういった費用を住宅ローンとは別に融資してくれるサービスが「イオン銀行住宅ローン生活応援300」です。イオン銀行住宅ローンを新規で借り入れた場合に限って、それらの諸費用を最高300万円まで融資してくれます。

諸費用が少し足らないかもと心配な方にオススメのサービスです。イオンらしいサービスと言えます。

イオン銀行らしい「利用しやすい審査基準」

優しい基準

イオン銀行の住宅ローンの利用条件は下記になります。

  • 満20歳以上満71歳未満、かつ最終返済時の年齢満80歳未満(ただし、8疾病保証付住宅ローンは、満20歳以上満50歳未満、かつ最終返済時の年齢満80歳未満)
  • イオン銀行指定の団体信用生命保険に加入できる方
  • 安定かつ継続した収入を見込める方(給与所得者は6カ月以上勤務、本人の年間所得金額100万円以上)
  • 日本国籍を有する方、または永住許可を受けている方

この中の「勤続6カ月以上」「年間所得100万円以上」という条件は、他の銀行と比べて緩いです。利用条件には記載はありませんが、雇用形態が契約社員・派遣社員の方にも利用できます。

幅広い客層を抱えるイオングループが運営する銀行だけあって、幅広い層を意識した審査基準になっています。とても利用しやすい住宅ローンだといえます。

審査基準の緩い銀行は、金利は高く傾向があるのに、イオン銀行は業界トップクラスの低金利を実現しています。絶対に候補に入れたい銀行の一つです。

名実ともに日本を代表するイオングループのネット銀行

ネット銀行というと実態が見えないので、不安を感じてしまうのも仕方がないことです。

イオン銀行の「イオン」は、大型ショッピングモールやスーパーを運営するイオングループの「イオン」です。そのイオンが運営する銀行が「イオン銀行」なのです。

全国に110以上の店舗を利用して、ネット銀行の弱点である窓口を準備してます。

毎月5の付く日は、イオン銀行への口座開設者限定のお得なクーポンが発行されるなど、普段からイオンやグループ店舗を利用している人にとっては利便性の高いネット銀行です。

後ほど紹介しますが、イオングループの銀行だからこその特典がたくさんあります。その特典に引かれて、イオン銀行に借り換えを考える方もいます。イオンをよく利用する方には本当に魅力的な特典になっています。

イオン銀行だから実現できるうれしい特典

イオン銀行の特典

イオン銀行で住宅ローンを借り入れすると、うれしい特典の恩恵を受けられます。

イオングループでの買い物が毎日5%OFF

食料費、医療費、日用品など、イオングループでの買い物が毎日5%OFFです。イオンなら生活に必要なモノは、ほぼ揃います。この特典で貯まったお金で繰り上げ返済ができます。

公益財団法人 生命保険文化センターの調べでは、1カ月の生活費の全国平均は食費と被服費をあわせると8.5万円です。その5%にあたる金額は、4,250円になります。1年で5.1万円、5年で25.5万円になります。

節約を意識しなくてもイオンを利用するだけで、5年間で25.5万円も繰り上げ返済が可能となります。

5年間で計算しているのは、あまりにもお得な特典なので、借り入れから5年間限定となっているからです。

イオンゴールドカード発行できます

週末のイオンは休憩所も混んでいます。ゴールドカードがあれば、イオンラウンジの利用が可能になるので、休憩場所に困ることがなくなって、こども連れの家族には助かります。

イオンラウンジを使うためだけに、イオンゴールドカードに申し込みする方もいるくらいです。

事前審査はWebから15分程度で申し込みできます

お手元に下記の資料があれば、15分程度で入力可能です。

  • 前年度年収のわかる資料
  • 保険証などご家族の状況がわかる資料
  • 勤務先の情報(会社名、住所、連絡先、設立年月、資本金、従業員数など)
  • 借り入れがある場合は契約内容や残高がわかる資料
  • 販売・施工業者の概要がわかる資料(会社名、連絡先、担当者連絡先)
イオン銀行の住宅ローン詳細はこちら

さいごに

イオン銀行のメリットをまとめると

  • 相談窓口が365日年中無休で対応
  • 業界トップクラスの低金利
  • 利用しやすい審査基準
  • イオングループという信頼感
  • イオン銀行ならではの特典

イオン銀行は、住宅ローンの借り入れだけでなく、借り入れ後の生活もサポートしてくれる住宅ローンです。近所にイオングループがあるなら絶対に検討候補に入れておきたい銀行です。

イオン銀行の住宅ローン詳細はこちら

ではでは。