i-Smartで行こう!@一条工務店

【Web内覧会 #10】気持ちの良い朝を迎えられるキッチン

      2016/11/19

前回のWeb内覧会は「【Web内覧会 #9】吹き抜けリビングに設置したストレート階段」でした。階段の設置の仕方で、家の雰囲気が変わるので、なかなか侮れないです。

さて第10回Web内覧会のテーマはキッチンです。

キッチンといえば妻の城です。美味しいお料理を気持ちよく作れるためには、気持ちの良い朝を迎えるのが一番です。朝日が最初に差し込む場所です、東側にキッチンを配置しました。

スポンサーリンク

朝日の差し込む気持ちの良いキッチン

気持ちよく料理のできるキッチンとはどんな場所だろう?

朝から元気のでる場所はどこだろう?

などなど、妻と話し合った結果、朝の一等地である「家の東側にキッチンを配置」しました。完成したキッチン写真がこちら。朝の10時前くらいに撮影しました。

朝日の差し込む東側のキッチン

東側の突き当たりに勝手口を設置することで、光が足下まで注ぎ込まれる明るいキッチンになりました。

そこまでは作戦成功だったのですが、この勝手口に意外な弱点がありました。

勝手口にはハニカムシェードが標準装備されます。日中はシェードを上げているのですが夜は閉じます。隣にはIHクッキングヒーターがあります。

もう「弱点の正体」に気付かれた方が多いのではないでしょうか。詳細は「キッチンに勝手口を付ける場合は配置に注意が必要」をご覧ください。

キッチンを真っ白で統一した理由

写真でご覧のとおり、キッチンカウンターおよびカップボードは白色で統一しました。

その理由は、建具や備え付けの家具は後から色の変更しようと思っても簡単にできるものではないです。

それならば建具や備え付けの家具には主張しない色を選んでおいて、ソファーやカーテン、テーブルといった入れ替え可能な家具で、部屋の色付けを考えました。

そうしておけば、5年後10年後の将来、部屋の色合いに飽きたとき、大型家具を一つ入れ替えるだけでも部屋の印象をガラッと変えられるはずだからです。

なんて偉そうなこと言ってますが、ここまでの話は、すべてインテリアショップの店員さんの受け売りです(^◇^;)

家具を売りたい店員さんの話なので、そんな考え方もあるんだ程度に心に留めてもらえればと思います。

インテリアコーディネートはとても苦手なので、完成した家にお試して並べて決められたらいいに…と何度思ったことか。一条工務店には、流行りのVRで図面上を歩けるシステムを作ってもらえると嬉しいですね。

ステップカウンターに決めた理由

“i-Smartのステップカウンターキッチン”

将来どんな暮らしがしたいのか?

それによってキッチンの形は決まってくると思います。思い描いた生活スタイルは…

  • 忙しい朝は子供と並んでサッと食事ができるように
  • 夕方は子供の勉強スペースにもなるように
  • 夜は食事の片付けのとき家族で会話しやすいように

自然とステップカウンターしかないという結論に至りました。

当時はキッズカウンターが選べなかったので悩みませんでしたが、どちらかから選べるとなると悩みそうですね。

ワイドカウンターも魅力のあるタイプだと思います。i-Smartの展示場で見たのですが、通常時はワイドカウンターの下にダイニングテーブル滑り込ませておき、食事のときさっと引っ張り出して使うというスタイルです。部屋のスペースを有効活用できていいなと思いました。

住みやすい家というのは詰まるところ、新居での生活スタイルをどこまでイメージできるかにかかっています。間取りの正解なんて十人十色です。

暮らしやすい間取りは生活スタイルにある!

ステンレスのキッチンシンク

“i-Smartのキッチンシンク”

ステンレスタイプのキッチンシンクです。

よくあるタイプなので特筆すべき点はないのですが、強いて言うなら蛇口が伸び縮みするくらいでしょうか。アパートや借家時代は固定式だったのでの蛇口の伸び縮みは本当に便利です。

蛇口の位置は選択できます。写真では蛇口は向かって左側についていますが、右側も選ぶことができます。今住んでいる家の蛇口の位置と同じが無難かも知れませんね。

i-Smartは日々進化していて、現在ではお手入れの簡単な樹脂シンク、強度の高い大理石シンクが選べるようです。

IHクッキングヒーターとオイルガード

“一条工務店のIHクッキングヒーターとオイルガード”

IHクッキングヒーターはパナソニック製です。

写真の右奥に見えるのがオイルガードです。揚げ物が多いわが家では必須のアイテムです。

オイルガードは標準品になっていますが施主側から設置の意思を伝えないと設置されないので気を付けましょう。

オイルガードがないほうがスッキリしたキッチンになるのは間違いないです。solaさん邸はオイルガード無しなので参考になると思います。

食洗機は大きめを選ぶのが鉄則!

“i-Smartの食洗機”

近頃では食洗機の設置が一般的になりつつあります。実際に使ってみると洗い物がかなり楽になりました。楽になっ分、子どもとの時間が確保できます。食洗機は楽をするためというよりは家族との時間を大切にする設備だと思います。

食洗機は「子どもとの時間を確保する」ためにかかせない設備

食洗機で後悔したこと

これから設置する方に1つだけ大事なアドバイスがあります。アドバイスというかわが家が後悔したポイントです。

それは、食洗機の格納量は家族の人数よりも大きめを選んだ方が良いということです。はっきりいって機種に設定されている想定人数はあてにならないです。倍くらい想定しておいて、丁度良いくらいです。

洗浄力が高いと言われるミスト洗浄付きにしました。洗浄効果はどうかというと、普通の食洗機をしらないので、そんなものかなと言ったところです(^_^;)

ちなみ設計担当さんからは「ミスト付けちゃいます?」って聞かれちゃうくらい、うちの地域では選択する人がすくないオプションだったようです。

おわりに

冒頭でキッチンは「妻の城」と書きました。その通りなのですが、食後は「私の城」に変わります。

ステップカウンターでブログを書いているの?

いえいえ、食後の片付けは私の担当でですorz

家づくりもそうでしたが、わが家は夫婦の役割分担がしっかりしています。みなさんの家はどうですか?

家づくりの主導権は夫婦半々が一番良い?

最後になりますが、キッチンカウンターやカップボードは大きい建具なので、展示場や入居宅訪問などのチャンスを活用して実物をしっかり確認しておくことがお勧めです。

次回は「【Web内覧会 #11】キッチンの照明に長年の夢だったペンダントライトを採用」です。

ではでは。

一条工務店のi-Smart「Web内覧会まとめ」」へ戻る