i-Smartで行こう!

タンクレストイレ採用で必ず確認したいポイント

      2014/10/15

POPOLOGです。我が家の状況ですが大工仕事も終盤に差し掛かっております。なかなか現実の進捗に記事が追いつかない今日この頃、毎日現場レポを書かれているブロガー様には頭が下がります。

さて、今日はタンクレストイレのお話です。我が家は標準トイレからタンクレストイレにアップグレードしました。おかげで外構工事につけが回ってきているという噂も・・・ところで、タンクレストイレを採用された方はトイレ内の床暖房を気にしたことありますか?

スポンサーリンク

床暖房とタンクレストイレと私

どこかで聞いたことのあるフレーズですが、この3者の関係が今回のポイントなのです。

事の発端は、「つぶつぶ☆さん」の取り上げた「タンクレストイレは足下冷たいって噂は本当?@床暖房」という衝撃的な記事でした。

簡単に内容を紹介すると「タンクレストイレにしたら足下まで床暖房の配管がこなくなったんだけど・・・」という内容です。コメント欄では大勢の方々が情報交換されていました。詳細はリンクよりお願いいたします。

イメージしやすいように簡単に図にしました。

  • タンク付きトイレの場合
  • 足下まで床暖房がしっかり配管されます。
    yukadan_wc-1

  • タンクレストイレの場合
  • タンクがなくなって、壁側に後退した距離だけ床暖房の配管から足下が離れました。
    yukadan_wc-2

「なんでやねん!」と思った方はポチッとお願いします(o_ _)o
[blogmi]

せっかくオプションでタンクレスにしてスッキリさせたのに、床暖房の位置が微動だにしないなんて、はっきり言って都市伝説です。

足下まで「伸びてくる人」、「伸びてこない人」がいる

「つぶつぶ☆さん」のコメント欄を読んでいると、足下まで床暖房が「伸びてくる人」と「伸びてこない人」がいるようです。ちょっとやっかいな感じですね。

我が家の場合、タンク付き、タンクレスのそれぞれ設置予定で比較に検証にもってこいです。順を追って検証していきます。

CAD図面

タンクレストイレの図面です。アバウトな感じですが足下まで届いているように見えます。
yukadan_wc-3

実際の施工 – タンク有り

トイレ本体が設置されていませんが問題はなさそうです。
yukadan_wc-4

実際の施工 – タンクレス(無し)

タンク有りの床暖房の位置と比較して配管が奥に伸びているのが分かります。足下まで暖かそうな感じです。
yukadan_wc-5

統一されていない施工方法

我が家のタンクレストイレは幸いにも足下まで床暖房が届いているようです。この違いはどこからくるのでしょうか。地域による違いでしょうか。設計担当による違いでしょうか。はたまた間取りの問題なのでしょうか。

「つぶつぶ☆さん」のお宅では、設計担当さんに問い合わせるも、結局足下まで床暖房が伸びることはなかったそうです。 詳しくはこちらの記事「タンクレストイレの足下@床暖のゆくえ。」をご覧ください。

なんとも腑に落ちない幕切れです。

「床暖房配管図」が存在する!

「Q」さんのブログの記事「トイレの床が冷たい理由」によると、「床暖房配管図」というものが存在するそうです。この図面を見れば床暖房の配管は一目瞭然とのことです。着手承諾でも確認した記憶がないので、恐らく着手承諾後、図面が確定してから作成される図面だと考えられます。

まとめ – 設計担当さんに確認すること

というわけで、タンクレストイレを採用する方は、設計担当さんに「トイレ内の床暖房の配管」について確認すべきだと思います。問題がある場合は、納得のできる説明が欲しいですね。そうでないと不公平な施工になってしまいます。

この問題に関しては「何故なんだろう?」という疑問でいっぱいです。もし理由をご存知の方がいましたら教えてください(_ _)

おわりに

足下まで床暖房の配管がなくても多少はひんやりしますが家全体が暖かいので気にならないと思われます。そもそも一般家庭はトイレ全体が寒いですし、こんなことを気にするなんて、引き渡し前から贅沢病になっているのかもしれません・・・

気密測定が終わると壁や天井に石膏ボードが次々と入り、その後、床暖房のパネルで床一面が敷き詰められます。その光景は圧巻です!パネルがむき出しになっている期間は短いので興味のある方は注意が必要です。

「うちのトイレは大丈夫だったよ!」という方はポチッとお願いします。
[blogmi]

ではでは。