i-Smartで行こう!

一条工務店「i-Smart」の家づくりのブログです。注文住宅における間取りや全館床暖房の住み心地、実際に住んでみて気付いた後悔したことなどを経験談を交えてご紹介しています。家づくりに関わるお金の話(住宅ローン、火災保険、太陽光発電)にも力を入れています。

考え方

間取り検討のときの強い味方「三角スケール」知ってますか?

更新日:

ども、POPOLOGです。

三角スケール」って知ってますか?

私は家づくりを始めるまで知りませんでした。三角スケールは図面から実際のサイズを知りたいときに大活躍します。正式名称は「三角スケール」らしいのですが、一般的には「サンスケ」と呼ぶようです。 

スポンサーリンク

三角スケールの使い方

Sankaku scale

三角スケール」は名前の通り3つの面を持っています。1つの面に2つの縮尺を持っていて合計6通りの縮尺パターンの図面に対応できます。6通りあるのでほとんどの図面の縮尺に対応できます。

例えば一条工務店のCAD図面の縮尺は1/60です。下図の赤枠部分に縮尺が1/60という数値が確認できますね。

Sansuke zumen

私の持っている「三角スケール」の場合は「1/600」の縮尺を利用することで寸法の計測が可能です。

あれ?一条工務店は「1/60」だよね?と思われた方は鋭いです。寸法を計測するときはメモリの単位を1/10に読み替えてあげればOKです。

「三角スケール」で何を測るの?

間取りの打ち合わせで、階段下収納のサイズやフリーカウンターの長さを設計さんに聞いたとき「三角スケール」を取り出してサイズを測ってくれました。ほかにも知りたい場所は沢山ありました。通路の幅、カウンターキッチンの背面にある収納との幅など。

なかでも一番活躍するのが「家具を考慮した間取り」を考えるときです。

欲しいテレビボードのサイズは○○センチだからこの壁は最低○○センチないといけない。とか、○○センチのソファを置くと通路として何センチ残るのかな?など。

手元に置いておきたい「間取り検討の強い味方」

打ち合わせのたびに「ここ何センチ空いていますか?」と確認するもの良いですが、それだと自宅で間取りを検討しているときに困ります。そのうち、いちいち設計さんに確認するのでは煩わしくなるはずです。

家づくりにおいてサイズ感は大事です。だからこそ、間取りの検討にはサイズをいつでも測れるように「三角スケール」を手元に置いておきたいものです。間取り検討の強い味方になってくれるはずです。

おわりに

三角スケール」はホームセンターの文具コーナーで取り扱っていることが多いそうです。

私の住む地域のホームセンターにはありませんでした。ほかにも書店、文具屋を探しましたが見つからず、最終的にはネットで購入しました。

購入に悩まれている方は、早めに購入した方が使う機会が増えるので損はないと思います。

ではでは。

  • この記事を書いた人

POPOLOG

-考え方

Copyright© i-Smartで行こう! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.