i-Smartで行こう!

「吹き抜けのある家」でのエアコンの使用状況、住んでみて気付いた間取りのアイデア

   

一条工務店のi-Smartで暮らし始めて3シーズン目の夏です。我が家には大きな吹き抜けがあります。吹き抜けのある家の夏の室内状況、エアコンの稼働状況をふまえ、住んだからこそ思いついた間取りのアイデアを紹介します。

スポンサーリンク

「吹き抜けのある家」の夏

吹き抜けの窓から明るい光が降り注がれて、気分は上々、体温は上昇…

光と一緒に太陽の熱も降り注がれます。そのため、来客のないときは、常時ハニカムシェードを閉じたままです。

ハニカムシェードの恩恵は、冬だけでなく夏も十分に受けられます。吹き抜け窓を磨りガラスにしてとしても、絶対に外さないほうがよい設備です。

夏は暑い空気が2階に溜まります。

そのため会社から帰宅して最初にすることは、熱い空気の追い出しです。

1階の掃き出しの窓を開けて、2階のバルコニーの窓を全開にすると、空気が流れができて熱い空気を追い出せます。この風通しの良さは、吹き抜けのならではかも。

南面吹き抜けは暑いのか!?住んでみての感想。
南面吹き抜けは暑いのか!?住んでみての感想。
前回に引き続いて吹き抜けのお話です。皆さんが一番知りたいのは吹き抜けのある家の住み心地ではないでしょうか。今回は夏の住み心地についてお話させていただければと思います。

高気密高断熱住宅ならエアコン一台で十分なのか?

夏はRAYエアコン一台あれば、1階だけなら快適に暮らせます。しかし、2階は暑いです。

冷えた空気は、体積が小さくなって重たくなるので下に溜まります。そのため、家の中に温度差ができてしまいます。

リビングに吹き抜けあります。リビング階段を上っている途中、冷気から熱気に変わる境目を感じることができます。

シーリングファンを使って、空気をかき混ぜてはいますが、劇的な効果はありません。どちらかというと熱風が、舞い降りてきて不快かも…

2階でも快適に過ごすために、2階の寝室にあるエアコンも稼働させています。もちろん寝室のドアは開けっ放しです。

今年の夏は特に暑い?(毎年言ってるかも)ので、最近ではエアコン2台をフル稼働しています。電気代が楽しみです(;´Д`)

壁の少ない家なら、エアコンはフロアに一台で十分!

1階のLDKと和室にエアコンを1台ずつ設置しました。

夏は今年で3シーズン目になりますが、和室のエアコンは使っていません。正直、和室のエアコンは無駄でした。

開放的な間取りであれば、全館床暖房に付属するRAYエアコン1台あれば十分です。

「本当に1台で足りるのか」心配であれば、先行スリーブだけしておき、必要なら引き渡し後に設置する方法もありです。

どうする?エアコン計画。間取り検討中だから出来ること!(先行スリーブ編)
どうする?エアコン計画。間取り検討中だから出来ること!(先行スリーブ編)
i-Smartは標準仕様で全館床暖房のため忘れがちなのがエアコン計画です。着手承諾前の間取り検討中だからこそできるエアコン計画という視点で、「先行スリーブ」「先行配管」「購入先」の

2階の吹き抜け廊下にエアコンを設置したら良かったかも?

これは冗談ではないです。至って真剣に妻と話し合った結論です。実際に試した訳でないので、このアイデアは「ふーん」程度に聞いといてください(o_ _)o

2階の吹き抜け廊下に大きなエアコンを設置しておけば、1台のエアコンだけの稼働で良かったと思っています。

電気代の節約にもなりますし、エアコンの直撃で風邪を引いてしまうなんてことも避けられます。冷たい空気は下に溜まるので、上から冷やしたほうが効率的です。

Q家のQさんのお宅では、ロフトにエアコンを設置して全館空調を実現されています。

外部サイト:快適な全館空調(全館冷房)を実現する

注意しておきたいのは、この方法は高気密高断熱住宅だからこその発想です。一般住宅でやってしまうと、逆に電気代の無駄になる恐れがあります。

エアコンの設置は計画的に!

エアコンの配管は後付けできますが、家電量販店の作業員に壁の穴開けをお願いしてトラブルになる例もあるそうです。構造を熟知していないと、気密性の低下、耐力壁の損傷をまねきます。

将来、エアコンの設置する予定がある部屋は、繰り返しになりますが、家を建てるときに先行スリーブしておくのが一番安心です。

どうする?エアコン計画。間取り検討中だから出来ること!(購入先編)
どうする?エアコン計画。間取り検討中だから出来ること!(購入先編)
どうする?エアコン計画シリーズの最終回は「購入先編」です。これまでお話してきた「先行スリーブ編」「先行配管編」を踏まえて、どこでエアコンを購入するのがベストなのか目的別にまとめまし

ではでは。