i-Smartで行こう!

吹き抜けシーリングファンの効果や設置の注意点

      2016/06/28

以前、住んでいた借家にシーリングファンが設置されてました。入居当初は「こんなの使わんやろ!」と妻と笑いながら話していたのが懐かしいです。

そんな私たちでしたが、新居となるi-Smartにもシーリングファンを設置しました。理由は吹き抜けのWeb内覧会でも紹介してますが、見た目だけでなく機能的な部分の効果も認めていたからです。

今回は、シーリングファンの設置で得られる効果、設置にあたっての注意点を紹介します。気になる1カ月の電気料金も概算で紹介します。

スポンサーリンク

シーリングファンとは何?

シーリングファンって聞いてピンとこない人もいるかと思います。

シーリングファンとは?

写真を見て「あぁーこれね!」と思った方が多いと思います。天井に取り付けるタイプの扇風機というかファンのことです。ゆっくり回っているように見えますが、家の中の空気をかき回すだけの力は十分にあります。

一昔前だったらお金持ちの家でしか見かけない代物かもです。今はデザイン製と効果が認められて、一般家庭でも普通に見かけるようになりました。

シーリングファンの効果

設置した理由は、吹き抜けのWeb内覧会でも紹介した見た目的な部分、屋外から吹き抜けにある3連窓をのぞき込んだとき、シーリングファンがチラッと見えるとオシャレだなという理由と、機能的な部分で下記の効果を期待したからです。

  • 夏場にエアコンの冷たい空気のかき回し
  • 室内干しの乾燥効率の向上(匂い防止)
  • 湿気を均一にすることでクロスのはがれ防止

一条工務店のi-Smartの場合、全館床暖房なので冬場の暖かい空気拡散に対しては、もともと全体が暖かくなるので、あまり意味はありません。

しかし、設計士さんの話では、冬は乾燥するので木のズレによるクロスのはがれに対しては、それなりの効果を発揮するだろうとのことでした。

すべてがシーリングファンのおかげとは言い切れませんが、監督さんの話では、わが家は木のズレは他の家と比べて少なかったそうで、2年点検のクロスの補修は少なかったです。

シーリングファンの設置においての注意点

シーリングファンは天井に設置するだけなのですが、位置や前後関係に注意を払う必要があります。

シーリングファンの掃除をどうするか?

ハイグレードなシーリングファンにはお掃除のための昇降機能があります。吹き抜けに設置したシーリングファンでもボタン一つでファンの部分が手の届く高さまで降りてきます。

価格が少し高いこと、機会を設置するために天井を少し低くする必要があります。 わが家は昇降式は選びませんでした。というより存在を知らなかっただけですが…汗。

幸いにもわが家のシーリングファンは、2階の吹き抜け廊下から届く距離にあるため、クイックルワイパーを伸ばして掃除できてます。 写真では少し遠くに感じますが、実物は余裕で届く距離です。

シーリングファンは吹き抜け廊下から届く位置に設置

シーリングファンはお掃除も頭に入れて、機種や設置位置を検討する必要があります。

シーリングファンにダウンライトはNG

使ってみて「しまった!!」と思う注意点です。

借家時代に経験したのですが、シーリングファンとダウンライトの相性は最低です。ファンを回したときダウンライトの光がチカチカしてました。ダウンライトの光がファンの回転のたびに陰になって落ち着かない気分になります。

シーリングファンを設置する部屋にダウンライトも検討されているなら、お互いの位置関係には、ぜひ注意したいところです。

天井が低いと圧迫感がある

一条工務店のi-Smartの標準の天井高は240cmです。この高さにシーリングファンをつけると、圧迫感があると思います。またファンが近い距離で回転するので、慣れるまでは恐怖を感じるかもしれません。

2階の吹き抜け廊下からシーリングファンの距離が近いのですが、回転していると当たらないのは分かっていますが、少し怖いです。

ダイニングキッチンのシーリングファンは昇降式がお勧め

ダイニングにシーリングファンを設置される方は、昇降式がお勧めのようです。

普通のホコリであれば、クイックルワイパーでも十分綺麗になりますが、そこに油が加わると…、洗剤を染みこませた濡れぞうきんで直接ゴシゴシこすらないと綺麗にはならないと思います。

シーリングファンの電気料金

シーリングファンの駆動方式には、ACタイプとDCタイプがあるらしいです。わが家はDCタイプでした。このあたりの詳しい話は、さすけさんが記事にまとめられています。

DCタイプは静かで電気料金がお安いようです。 強運転(12W)で24時間回しっぱなしでも、1カ月の電気料金は200円もしません。動きが派手なので電気料金がかかるイメージを持ってしまいますが、想像以上に電気料金はかかりません。

24時間強運転する人はまずいないので、実際には1カ月当たり100円もかからないはずです。

余談になりますが全館床暖房の電気料金は下記になります。

一条工務店の全館床暖房の家で、1日にかかった電気料金【2015-2016年版】
一条工務店の全館床暖房の家で、1日にかかった電気料金【2015-2016年版】
全館床暖房の電気代、一条工務店で検討されている方にとって、もっとも興味のある情報だと思います。住み始めて初めての冬は、全館床暖房にかかる電気料金が心配で仕方なかった時期がありました

おわりに

休日に子どもと一緒に吹き抜けの下で寝転んで、シーリングファンをボーと眺めるのは好きです。ほのぼのした気分になれます。もし気になっているなら設置しておいて損はないと思います。

わが家のシーリングファンは、吹き抜けのWeb内覧会で見られますので、ぜひご覧ください。

ではでは。