外構

芝生にワカメ?イシクラゲの除去方法と発生を防ぐ解決策

芝生に発生したイシクラゲ

5月末日、芝生に小さくて黒い玉のような物体が15〜20個くらい埋まっているのに気付きました。調べたところ、その物体の正体がイシクラゲという陸生藻類(そうるい)と判明しました。

この記事ではイシクラゲの紹介とその対策について紹介します。

芝生に黒くて丸い玉?

草むしりをしていたら気になる物体を発見。下の写真のような黒くて丸い玉のようなものが20個くらい埋まっていました。

芝生に発生したイシクラゲの塊

鎌で掘り起こすとポコッと取れます。その後、鎌で突くとぽろぽろと玉が崩れだし海藻の匂いがしてきます。

芝生にワカメ発見!?匂いだけでなく見た目もまさにワカメです。

ワカメのようなイシクラゲ

黒い物体がポコッとれてポロポロ崩れる、それが面白くて繰り返すうちに、気が付けば拳くらいの量の「ワカメのような物体」が集まりました。

イシクラゲを分解した状態

ワカメのような物体の正体はイシクラゲ

このワカメのような物体の正体は「イシクラゲ」という陸生の藻類でした。芝生にイシクラゲが発生するのは特に珍しいことではないようです。

ちなみに「イシクラゲ」は、ワカメのような匂いがするだけあって食べられるそうです。食べようとは思いませんでしたが(^_^;)

発生原因と対処方法について順を追って紹介します。

発生原因

JAの尾張中央のホームページによると、イシクラゲが発生した原因は芝生の排水不良でした。うまく排水が出来なくて湿気が溜まった結果、イシクラゲが大量発生してしまったようです。

イシクラゲの除去方法

ホームページによると、今回の私のやった対処は「やってはいけない方法」でした。

私のように面白がって、ワカメのようにバラバラに分解してしまうと取りこぼしができて新たな発生源となるそうです。

下の写真のように玉になっている状態のままで取り除き除去するのが正しい対処方法でした。

イシクラゲの除去方法

この除去作業を根気よく繰り返すうちに発生しなくなるようです。

わが家の場合、20玉程度だったので作業も楽でしたが、大量発生となるとなかなか大変な作業です。多すぎて手に負えない場合は、スプレーをかけて駆除する製品もあるので検討してみてください。

レインボー薬品 コケとーるスプレー 500ml

レインボー薬品 コケとーるスプレー 500ml

682円(12/13 08:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

イシクラゲの発生を止める根本的な解決策

ここからはイシクラゲの発生を止めるための根本的な解決策を紹介します。

先述したとおり、イシクラゲの発生原因は「排水不良」です。ということは芝生の排水不良を改善することが根本的な解決策となります。

イシクラゲが発生した場所を思い返すと「人が歩く場所に限定」されていることに気が付きました。人が歩いて土が踏み固められてしまい、その結果、通気性を失い排水不良となったと考えられます。

それならば踏み固められた土をほぐせば、排水不良が改善されるはずです。

畑のように鍬(くわ)で耕せれば簡単ですが、芝生が張られているのでそういうわけにはいきません。こういう場面で頼れるアイテムがローンスパイクです。下の写真が穴開け専用のローンスパイクという器具です。

芝生管理用のローンスパイク

この器具の使い方は簡単です。ローンスパイクを脚で踏んで先端を土の中に差し込むだけです。

ローンスパイクを使ったエアレーション

このように芝生に穴をあける作業をエアレーションと呼びます。

大きな器具ですが、わが家で使っている写真の商品であれば、1200円くらいで手に入ります。

ゴールデンスター 芝生手入具 ローンスパイクJr 4011

ゴールデンスター 芝生手入具 ローンスパイクJr 4011

1,182円(12/12 22:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

ローンスパイクの使い方については下記で紹介しています。

さいごに

ここまでの話をまとめると

  • 芝生に発生した黒い玉はイシクラゲ
  • イシクラゲの発生原因は排水不良
  • イシクラゲは玉が崩れないように根気よく除去する
  • 根本的な解決にはエアレーションが必要

イシクラゲを除去してから2週間ほど経過しましたが、今のところ再発はしていないようです。エアレーション作業はイシクラゲの発生した地点しかしていないので、近々、全体的に実施する予定です。

おしまい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください