フロアコーティング

高品質には理由がある「COLOR(カラー) のフロアコーティング」

株式会社COLOR(カラー)は、近年脚光を浴びているフロアコーティング業界で、営業から施工までの工程を自社正社員のみで対応するスタイルで、高い顧客満足度を得ている今注目の業者さんです。

この記事ではフロアーコーティングを施工した経験をベースに、株式会社COLORのフロアコーティングについて徹底解説します。

高品質の秘密は「受注から施工まで全て正社員が一貫して対応」

正社員が対応

株式会社COLORの一番の強みは、受注から施行までの全工程を自社の正社員だけで対応する点です。

全工程を正社員が一貫して対応することで、 施主(お客様)との相談内容がダイレクトに現場作業に反映され、その結果、フロアーコーティング(施工)の仕上がりのばらつきが抑えられます。

新築時にフロアーコーティングを施工して感じたのは、下請業者さんは施工のプロであって、製品については詳しくないことです。わが家ではクロスの補修の際に、現場で作業する下請業者と正社員とで意見が異なりました。

「現場に正社員がいる」というのは重要なポイントです。

現場での確認作業も製品に精通した正社員が行うことで、はじめて仕上がりを厳しくチェックできます。厳しくチェックすることで、各現場の施工品質を高いレベルであわせられるようになります。

これを家づくりに例えるなら、ハウスメーカーの社員が監督として指揮を執ることに近いです。自社の正社員が施行するという姿勢は、品質を維持するためには当たり前のことなのですが、とても重要です。

フロアコーティング業界は、下請業者に施工を任せる業者が多い中、株式会社COLORでは、現場での施行も正社員が対応します。

1日1現場の余裕を持った作業の徹底

株式会社COLORには「1日1現場」というルールがあります。

作業時間が押していて次の現場に行かなくちゃ…って状態では良い仕事はできません。業者さんが、ふわふわした感じで施工作業されたら心配になりますよね。

「1日1現場」のルールを徹底することで、一つの現場に集中して作業ができるため、フロアコーティングの仕上がり品質が高い水準で維持できます。

このルールは、品質に妥協しないという表れだと思います。

業界トップレベルの技術力と品質

自社正社員のみで施工、1日1現場といった品質に対する「こだわり」が、フロアコーティングに詳しい業界玄人からの評判が高く、その結果として、法人からの依頼が同業他社と比べて多くなっているそうです。

フロアーコーティング業者が増えてきており、業者比較するにもコーティングの種類に違いがほぼなく、業者の選定が難しいのが現状です。

安いからという理由で選んでしまって失敗なんてしたら目も当てられません。

なぜならフロアーコーティングは再施工が難しい(簡単には剥がれない)という特性があるからです。失敗は許されない。つまり「実績」が重要なポイントになります。

株式会社COLORの法人から依頼が多いというのは、施工後の評判が高い証拠です。業界トップレベルの技術力と品質を兼ねそろえていると言えるのではないでしょうか。

様々な要望に応える自信あり 「同業他社と接客の違いを比べて欲しい」

接客に自信あり

株式会社COLORには営業ノルマが一切ありません。ノルマや上司からの圧力を無くすことで、担当スタッフが心に余裕を持った接客ができるようになるからです。

お客さまに寄り添った接客をモットーとしています。

株式会社COLORいわく、「同業他社さんと、どうぞ比べてください。」それだけ接客に自信があります。

要望に応える豊富なコーティングの種類

株式会社COLORには4種類にコーティングがあります。

  • UVフロアコーティング
  • ガラスコーティング
  • シリコンコーティング
  • ワンちゃんコーティング

コーティングにはそれぞれ特性があります。下表を参照のこと。

※スマホの場合は横スクロールできます。

項目 UV ガラス シリコン ワンちゃん
光沢感 超光沢 ツヤなし 光沢 超光沢
高級感
自然な風合い × ×
施工時間 1日 2〜3 日 2〜3 日 1日
施工方法 紫外線照射 自然乾燥 自然乾燥 紫外線照射
耐薬品性
水拭き
すり傷保護
滑り止め
ペット対応

担当スタッフ(コーディネーター)は、お客さまから要望を確認して最適なコーティングを提案してくれます。

提案の過程では、担当スタッフがコーティングについて分かりやすく丁寧に解説してくれますので、初めてのフロアコーティングされる方にも安心して検討できます。

「横浜と京都にショールーム完備」は信頼できる会社の証

株式会社COLORには横浜と京都にショールームがあります。お近くにお住まいの方は、担当スタッフにショールーム訪問をお願いしてみてください。

コーティング後の光沢具合は実物をみるのが一番です。

ショールームまで遠いという方は、サンプル床材をお願いして3種類のコーティング全てを確認するようにしましょう。

最長30年の長期保証を支える「万全のアフター体制」

信頼のアフターフォロー

各フロアコーティングには最長で30年の保証期間があります。UVコーティングは30年間無償保証、ガラスコーティング、シリコンコーティングは20年間無償保証となっています。

正直、保証に関してはどの業者も似たり寄ったりなのですが、株式会社COLORのUVコーティングの保証が凄いです。何が凄いかというと「UVコーティングの過失や故意によりできてしまった傷が対象になる」からです。

わが家には保育園に通う子供がいるのですが、はさみやフォークなどを落とした傷があります。こういった傷も無償で直してもらえるのは嬉しいですね。

アフター専門の部署を配置

フロアコーティングは施工して終わりではありません。コーティングのひび割れや剝がれるケースは確率は低いですが、決して0%ではありません。

そういった事態が発生した場合、アフターの専門部署がない業者では、トラブルによる補修などは、どうしても後回しにされがちになるのが現実だと思います。

その点、株式会社COLORには、アフターサービス課という専門部署があります。新規顧客と既存顧客の窓口を分けているため、何かトラブルが発生した場合でも迅速に対応する体制が整っています。

フロアコーティング競合他社との比較

株式会社COLORの特徴を他社と比較したのが下表です。

※スマホの場合は横スクロールできます。

項目 株式会社COLOR A社 B社
現場での施工担当 完全自社社員が施工 外注業者に委託 完全外注
最長保証期間 業界最高クラスの30年保証 20年 15年
価格 内製化による低コスト、高クオリティ
アフターサービス アフター専門部隊が手厚くサポート 電話対応のみ 電話対応のみ

株式会社COLORへのお問い合わせ方法

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。必須入力は「お名前」「電話番号」「現お住まいの住所」の3点です。現時点では分からない項目、決められない項目は未入力でも問題ありません。

問い合わせ後に担当スタッフから連絡がありますので相談してながら構いません。あくまでのお問い合わせですので、注文が確定するわけではないので気軽な気持ちで大丈夫です。

具体的なお問い合わせの手順

記入をはじめる前に設計図面を準備しましょう。問合せだけなら3分、見積もり希望であれば10分ほどで入力が完了します。現時点での設計図面が手元にあると便利です。

お問い合わせ・お見積もりの共通入力項目

下記から株式会社COLORのサイトに移動します。

サイトに移動したら赤枠部分の「お問い合わせ・ご相談」をクリックします。

お問い合わせフォームが開きますので、現時点で分かっている情報だけで構いませんので入力します。

まずは、必須項目となっている「お名前」「電話番号」「メールアドレス」「現お住まいの住所」の4点を入力します。

お見積希望の入力項目

お見積もりを希望される方は、緑色の「さらに詳細な情報を入力する(任意)」をクリックします。

施工住所が確定している場合は入力しましょう。

住居タイプを選択します。

施工希望日は、新築住宅の場合は引き渡し日が流動的なので、およその日程でも可能ですが、とりあえずは空欄のままで問題ないです。

コーティング種類を選びます。気になっているコーティングがあれば、すべてチェックしておきましょう。決めるのは担当スタッフと相談してからでも遅くないです。

施工希望箇所を入力します。ここで入力する帖数が見積もりに影響しますので、できる限り正確に入力して見積もりの精度を高めて予算の確保に役立てましょう。

入力した内容に漏れや不備が心配な場合は図面をPDFファイルなどでアップロードもできます。

防汚コーティング、防カビコーティングなどの施工有無を入力します。新築住宅の場合は、水廻りの施工はお勧めです。

コーティングの有無でお掃除の効率が全然違います。お子さんが小さいなら泥だらけの手で下駄箱を触ることが多いので、下駄箱の防汚コーティングはお勧めです。

株式会社COLORのショールームが横浜と京都にあります。お近くにお住まいであれば、ぜひ足を運んでみてください。

お問い合わせ・お見積もりの共通入力項目

「その他ご質問・ご相談」には、ささいなことでも気になっていることがあれば記入しておきましょう。担当スタッフが優しく丁寧に対応してくれますので安心です。

ここまでに入力した内容を確認して、ページの一番下にある「送信」ボタンを押します。

これでお問い合わせの完了です。後日、株式会社COLORから連絡があります。

まとめ

以前、ハウスメーカーのアフター工事の監督さんが、フロアコーティングの効果に驚かれた話を記事にしましたが、フロアコーティングの有無で、フローリングの経年劣化の速度がまったく変わってきます。

新築住宅では、引っ越し前の状態は家具などが一切おいてないため、フロアコーティングするには絶好のタイミングです。費用はかかりますが検討する価値は十分にあります。実際にフロアコーティングした施主だからこそ言えることです。

株式会社COLORのキャンペーン

  • 2月末日までのお申し込みで10%OFF

ではでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください