i-Smartで行こう!

一条工務店のi-Smart「Web内覧会まとめ」

Web内覧会

これまでに公開したWeb内覧会を紹介していきます。

玄関

玄関は採光を一番に考えました。結果、夜あかりをつけると暖かな雰囲気にもなっていますね。階段部分にはちょっとしたこだわりがありますので、写真をご覧ください。


玄関はどうしても小さくなってしまいがちです。そこで玄関を少しでも広く見せようと斜め框(かまち)を採用しました。またシューズウォール(下駄箱)の上部空間を大きくとる工夫をしています。おすすめの対策ですので、ぜひご覧ください。


玄関フォールの顔といえばシューズウォール(下駄箱)です。上部空間の広がりをみせるために標準の施工より15cm低くしてあります。ほとんどの方が下げた事による違和感はないと思います。写真をご覧になって確認してみてください。

外構

南庭に縁側風にウッドデッキを設置しました。小さな子どもがいるご家庭では、思いのほかにウッドデッキは活躍します。設置したウッドデッキは外構業者ではなく一条工務店にお願いしました。その理由について触れていますのでご覧ください。


キッチンからゴミ出し利便性を考えて勝手口を設置しました。ネックになったのは防犯面です。出入り口が増えれば泥棒のリスクも増えます。

一条工務店の勝手口の扉は2重施錠タイプになっています。2つとも締まっている場合は外から解錠できません。また屋外にはセンサー付き照明を設置しました。写真をご覧ください。

キッチン

コンパクトというだけあってキッチンカウンターとカップボードの間は1515cmです。しかし、パントリーと冷蔵庫の配置を工夫して広さを感じられる空間になっています。60cmのパントリーを選んだことによってできたスイッチ壁はお勧めです。


キッチン(ダイニング)は暖かい雰囲気を重視しました。その主役はペンダントライトです。オレンジの光が部屋を暖かく包み包み込んでくれます。暖色系の光だけでは光量不足になるため照明の組み合わせに気を付けてみましたので、ぜひご覧ください。


キッチンは東側に配置しました。いち早く朝日が差し込む朝の一等地なので家族で気持ちの良い朝を迎えられます。カウンターやカップボードは「ある理由」から真っ白で統一しました。オイルガードや食洗機、キッチンシンクの写真もありますので、ぜひあわせてご覧ください。

トイレ

トイレには強いこだわりがありました。とにかく、ゆったりとした明るいトイレを目指しました。初めてトイレに入った知人からは「広いトイレだね」と驚かれます。トイレには「サティス」を採用しました。素敵なフォルムで気に入っています。


一条工務店のオリジナル手洗いカウンターの収納力は本当に半端ないです。1段おきで16ロールも収納可能です。一条工務店以外の施主さんから「どこのメーカーのカウンターですか?」との問合せを数件頂いております。

吹き抜けリビング

吹き抜けには3つの問題点があります。「夏場の気温」「天井の寂しさ」「夜の採光」です。それぞれの問題点を解消するために少し工夫して対策しました。吹き抜けの設置を検討されている方にはぜひ観て欲しいです。


オープンステア、ボックス階段が流行する中、わが家はストレート階段を採用しました。採用を決めた理由は収納スペースの確保と、テレビ壁の設置です。階段の照明は2箇所に設置しています。夜の照明の写真がありますので、照明選びの参考にしていただけると幸いです。

吹き抜け廊下

吹き抜け廊下を設置する予定のある方にぜひ読んで貰いたい記事です。一条工務店の標準の通路幅は91cmとなります。吹き抜け廊下を歩くと吹き抜け側に怖さを感じる部分がありました。なので通路幅について一度検討するきっかけになればと思います。

収納

一条工務店の階段下収納は、ベニヤ板と石膏ボード剥き出しの状態が標準施工です。その写真をみると驚かれると思います。そこでわが家は急遽、監督にお願いして現場指示でクロス仕上げにしてもらいました。

展示場

なかなか実物をお目にかかることのでできない自在棚が設置されていました。本棚とかに代用できそうで使い勝手が良さそうでした。


展示場には珍しく床の色がレッドチェリーでした。とても落ち着いた感じで良かったです。電動オーニングの実物を見たのは初めてでした。夏にビニールプールで子どもを遊ばせるときにあると便利かもと思いました。